在宅医療の西川クリニック

 

 

 

紫バッグ症候群

膀胱留置カテーテルが入っている方で、蓄尿用のバッグが青く染まることがあります。これは紫バッグ症候群と言って、慢性の尿路感染症を起こしているため起きる現象です。即ち、尿中の細菌が尿中の成分を分解し、青い色の色素を作り出してしまうのです。

 尿路感染症の治療として抗生剤を投与すれば、一時的に改善しますが、大半の方は直ぐ再発してしまいます。しかしここで抗生剤を頻繁に使うと、MRSA等の抗生剤に耐性のある細菌を招きかねず、却って重症の尿路感染症を起こす危険があります。

 そこでこのような時は泌尿器科の専門医はクランベリーという果物のエキスで作ったジュース、タブレットの摂取を勧めます。但し、クランベリーには膀胱の粘膜の免疫力を活性化させ、細菌が粘膜に付着するのを防ぐ効果のある成分が含まれています。(参考文献)

 現在クランベリーの製品は、残念ながら保険適応になっておりません。

 

 


 

 

Google

四角内にクランベリーとカタカナで書き、検索のボタンをクリックして下さい

[トップ ページ][ご挨拶][診療時間][有料老人ホームへの訪問診療]
[インフルエンザワクチン][肺炎球菌ワクチン][紫バッグ症候群][推薦サイト]

Copyright(c) 2003-2014 在宅医療の西川クリニック. All rights reserved.

トップ ページ ご挨拶 診療時間 老人ホームへの訪問診療 インフルエンザワクチン 肺炎球菌ワクチン 紫バッグ症候群 推薦サイトメールの送信